ボケ防止は皆とわいわい楽しむこと!

多種多彩の趣味をお持ちの方が良くいらっしゃいますが、器用不器用がありますから、時間の許す限り、どれが自分に1番向いているのか、1番楽しいのかって考えると、どうやらそのものよりも友達に合える、話が出来る、食事が一緒にとれるっていうところが1番の楽しみだって言う事が解りましたね。
例えば手芸を習いに行って、手を動かしながら、みんなとわいわい話をする。そこが良いんですよね。
もちろん立派な作品も出来上がりますが、教室に行って先生の指導の下でシーンとしてただひたすら手を動かしてでは、あまり楽しそうではありませんよね。
ワキアイアイとした雰囲気があるから、又、会いに行こうという気になるんですよね。
もちろん手芸の先生になるために、家に帰っても頑張る人もいるでしょう。
ピアノのお稽古でボケ防止に指が良く動くピアノが良いと思って習いに来る人もいるでしょう。
何事も一生懸命がばる人は家でも練習するでしょうね。
私みたいに習いに行った時だけで帰ってきてからは何もしないというのでは、上達はしませんよね。
上達するのはどうでもいい、ボケ防止で行っているのだからっていう人もいるでしょうね。
それもその人の考え方で、1週間に1回のレッスンの時だけ指を使って、後の日はほとんどピアノに向かう事はないとすれば、ボケ防止の訓練にはならないと思いますね。
年齢を重ねて来ると、物忘れと同時に指にも力が入りにくくなってきます。
揚げ物していても、なぜか菜箸で揚げ物がつかみにくく感じたりするのは握力も少なくなっているんだなーって、勝手に感じたりしています。
訓練のためであれば、毎日手を動かすことでしょうね。
車査定 メールのみ

コメントは受け付けていません。

Filed under 未分類

Comments are closed.